パネル貼りは水彩画で波打ちによる描き辛さを解消するための最も有効な手段です。しかし慣れていないと難しく、失敗のリスクを考えるとハードルが高いのも事実です。原料のパルプにより異なる紙の吸水や乾燥にともなう伸縮、こうした紙の生理現象を熟知したミューズが提案する「失敗しないパネル貼り」。従来とは全く異なる方法で、とかく失敗しがちな大型パネル貼りまで、仮止めの必要もなく素早くきれいに完成出来る独自の方法を紹介します。最初は小さめなサイズで練習してから大サイズに挑戦すると良いでしょう。
準備 【必要な道具・材料】

【紙の準備】
1.水彩紙を用意します。ここではワトソンの239g(特厚口)を使用します。ワトソンの様なコットン配合の水彩紙は水や折り曲げに強く、保水性が高いため水張りに最適です。 3.裏面の折り返し位置(端から15mm)に鉛筆で線を引いておきます。※紙は水分を吸うと伸びます。この伸び幅を予め計算に入れて紙をカットすると折り返し部分を揃えることが出来ます。
2.まず紙をパネルの大きさ+折り返し分 計30mm(パネルの桟の幅による)のサイズにカットします。このとき表裏の区別のため、裏面に鉛筆などで印(×など)を付けておくと良いでしょう。

【テープの準備】
1.水張りテープを予めパネルの桟と同じ長さに切りそろえておきます。 2.さらに化粧貼り用にパネル1週+数cm分の長さのテープを準備します。 3.水張りテープは湿気を帯びると一体化して固まり使用出来なくなります。使い終わった水張りテープは付属のポリ袋に入れて空気を抜き、しっかり封をします。
※食品用ラップフィルムに巻いてからポリ袋に入れ、乾燥した場所で保管するとより安全です。
※水張りテープを取り扱う際は粘性を発生させないために必ず乾いた手と場所で作業して下さい。
※水張りテープの除去方法:パネルから除去するには水を十分に染み込ませ、水が全体に馴染むまで放置するときれいに剥がせます。

【パネルの準備】
1.木製パネルは種類によって濡れると表面の目止め剤が流れ出てきて紙を汚してしまいます。軽く濡らして、出来るだけ拭き取っておくと良いでしょう。 2.表面に大きなささくれを見つけたら取り除いておきましょう。紙を貼った時に凸が出来てしまう原因となります。同様にゴミもつかないよう注意しましょう。 3.木材は紙を酸性化し劣化させる要因となります。長期使用を想定する場合パネル表面にジェッソなどで目止めをするか、表面をアク止め加工したパネルを使用します。
※木部との長期的な接触は紙の劣化の原因になります。作品を長持ちさせたい場合は完成後パネルから切り離して保存することをお勧めします。 →保存方法

※このページで紹介されている方法は弊社企画室独自のものです。無断転載、動画にして紹介等の行為を固く禁じます。
※より詳しい内容やご質問等は弊社企画室にお問い合わせ下さい。03-3877-0123 ミューズ営業部 企画課 → ユーザー、画材店スタッフ向け講習会
画材紙に関するアドバイス > 失敗しないパネル貼り1 > 失敗しないパネル貼り2