油彩画の盛ったり削ったりする描き方を「彫刻」に例えるならば、水彩画の表現は「ガラス細工」に似ています。偶然の色の混ざり方や透明色の響き合いが最大の魅力なのです。油彩画では絵具の色彩と密度、マチエールでモチーフの質感を表現できますが、透明水彩ではほとんど色彩のみで表現するしかありません。そこで水の性質を活かした様々な技法を駆使していくのです。色のにじみ、むら、かすれなど水と絵具が織り成す表現が水彩画の醍醐味でもあります。これらの表現を狙って出すには経験ももちろん必要ですが、紙と技法の相性の良し悪しも理解していなければなりません。
水彩技法 基本
 水をたっぷりと含ませて広い面をうす塗りする技法。あらゆる水彩技法の中で一番基本となる技法です。目の粗い紙で保水力のある紙=ムラなく塗れます。
ウォッシュでムラなく塗りやすい紙
・アルシュ荒/細
・エキストラホワイト荒/細
・ワトソンなど
 水気を切った(抑えた)状態で筆を走らせたタッチのことを指します。(乾筆)かすれてザラザラとした質感が得られます。目の粗い紙、サイズの効いた紙が適します。
ドライブラシが効果的な紙
・アルシュ荒目
・エキストラホワイト荒目
・ワトソン
・マーメイドリップルなど
 乾いた色の上にまた色を重ねて塗る技法。(重色)パレット上で色を混ぜるより彩度が落ちにくく、深みのある色合いが得られます。
下の色が溶け出しにくい紙
・アルシュ
・タッチ2など
色を重ねても発色が落ちにくい紙
・エキストラホワイトなど
 濡れた紙の上に色を置く技法です。乾いていない色に水や別の色を垂らし込む方法もあります。にじみ効果が得られます。保水力のある紙=色がよく伸び広がります。
色がよく伸び広がる紙
・アルシュ荒/細
・エキストラホワイト荒/細
・ワトソンなど
水彩技法 応用
 ウォッシュの際に途中から絵具の色を変えたり薄めたりすることで諧調表現(グラデーション)が得られます。目の粗い紙や保水力の高い紙ほど綺麗なグラデーションが作れます。
ムラなくぼかしやすい紙
・アルシュ荒/細
・エキストラホワイト荒/細
・ワトソンなど
 塗った色が完全に定着しないうちにティッシュや海綿などで軽く表面を抑えて色を抜く技法です。リフト、リフトアウトとも呼びます。乾きが遅い紙が適します。
lift=取り除く
乾き方が穏やかで色を抜きやすい紙
・エキストラホワイト
・ワトソンなど
 塗った面の縁にできる中心より色の濃く出た線のことをいいます。水をたっぷり含ませると意図的に作ることができます。紙によってできやすいものがあります。
エッジが出やすい紙
・ワトソンなど
 最初の色が少し乾いた段階で別の色や水を接触させると絵具が逆流し細かく波打つ境界線ができます。目の細い紙や乾きの速い紙はこの現象が起こりやすいです。
バックランを起しやすい紙
・タッチ2
・マットサンダース
・画用紙など
その他 特種な技法
 ブラシをはじいて絵具を斑点状、粒状に散らす技法。(スプラッタリング)複雑な質感表現が可能です。

spatter : はねかけてよごす
splatter : バチャバチャはねとばす

スパッタリングに向く紙
・どんな紙でも使えます
 カッターなどで紙の表面を引っ掻いて色を削り取る技法。濡れた場所を削り、そこに着彩すると面白い効果が得られます。
scratch : 引っ掻く
ハードな削りにも耐える紙
・アルシュ
・エキストラホワイトなど
 ウォッシュを施した上に塩を振りかけるとその部分だけ色が抜け、模様ができます。絵具の種類や濃さ、紙の保水力によっても効果が変わってきます。
模様が大きく広がりやすい紙
・アルシュ荒/細
・エキストラホワイト荒/細など
 白く抜きたい部分を予めマスキング液かテープで保護してから色を塗る技法です。表面強度の高い紙を使用する必要があります。
mask : 覆い隠す
表面強度の高い紙
・アルシュ
・エキストラホワイト
・ワトソン
・タッチ2など

洗い出しで修正がしやすい紙
・エキストラホワイト
・ワトソンなど
 すでに乾いた色を水を含ませた筆でこすって拭き取る技法。色の濃すぎる部分を洗って色調を落ち着かせることができます。色が落ちやすい紙=修正がしやすい紙と色が落ちにくい紙=定着の良い紙があります。
水彩技法と紙の関係性
 水彩技法のコツは「絵具を運ぶ水をどうコントロールするか」という点に尽きます。水の量、乾き方、タイミングによって様々な表情を見せてくれます。これに一番関わる要素は紙の保水力です。乾きの速い紙はコントロールが難しく急かされるし、遅い紙は長い時間をかけて表情を変えていくので辛抱が必要です。また、絵具の定着性の良し悪しも重要な要素です。定着の良い紙は一度塗った色が上から擦っても動きにくく重ね塗り技法向きと言えます。反対に、乾いてからも色が動きやすい紙は修正やぼかし表現に向いています。このような紙の特徴を捉え、個性を活かすことが上達のカギとなることは間違いありません。紙を知って技法をマスターしましょう。
※画像の技法サンプルは全てファブリアーノ・エキストラホワイト荒目を使用しています。
※このページで紹介されている評価は弊社企画室独自の基準によるものです。
※より詳しい内容やご質問等は弊社企画室にお問い合わせ下さい。03-3877-0123 ミューズ営業部 企画課 → ユーザー、画材店スタッフ向け講習会
紙選びのアドバイス > 透明水彩技法と紙の相性 > 神田支店トップ